Still went better than the first

作者:StigLilly

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンガリー「くそったれルスキーは帰れ!マジャール(ハンガリーのこと)革命は成功だ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンガリー「このにおいは...ボルシチか?」

 

 

 

 

 

 

 

ドーイチュランド、ドイッチュランド、ユーバーア~レス...

 

 

 

 

 

 

オーストリア「もしもし?」

ハンガリー「マジャールだよ。行っていいかい?」

オーストリア「開いてるよ。いつ来るんだい?」

ハンガリー「今だよ。」

 

 

 

 

コンコン

 

 

 

 

 

 

 

ハンガリー「栄光あるマジャールをちょっとの間泊めてくれないか?」


ハンガリー動乱ネタかな?ハンガリー人の方は「1956年の革命」と言うそうです。

1956年10月23日の民主化デモがきっかけとなり、国家転覆の危機にもうハンガリー政府や駐留ソ連兵はどうすることもできず、ソ連本国に援助を要請、その後革命は鎮圧されたようです。

この10月23日という日ですが、1989年の民主化後、国名を変更したのもこの日。現在も祝日に制定されているそうです。

ちなみに、オーストリアの天才(いい意味でも悪い意味でも)はドイツ人であることを誇りに思うようで、5コマ目で流れているドイツ国歌はそういう意味を含んでいるのでしょうかw

 

感想

リムーブボルシチですよね本当に...まあ某中国人には勝てませんがw

 

翻訳元

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    moto (火曜日, 09 2月 2016 17:53)

    ドイツ国歌は中欧に昔からあった歌にオーストリアのハイドンがオーストリア帝国の国歌(神よ、皇帝フランツを守り給え)用に作った曲です
    なのでドイツの国歌が流れてるんだと思います。

  • #2

    Wörk (火曜日, 09 2月 2016 18:21)

    >>1 motoさん
    そうなんですか!これができた経緯までは知らなかった!
    https://www.youtube.com/watch?v=yC49yQII574
    その後ドイツ国歌の歌詞がついたんですよね。
    歌詞がドイツ国歌なことを不思議に思ったものでねw