The Ra*e of Ukraine

作者:cupstard

或る時、ww2の後、超大国(とイギリス)はエビル・ニェムツィ(ドイツのこと)を殺したんだ。(語り:ポーランド)

イギリス「ええと...これは豆かい?」

アメリカ「すまん、また東と西を間違えたよ。なんかあった?」

ポーランド「ポーランドニェムツィから抜け出せるよ!」

 

 

 

 

 そして彼らは誰がニェムツィの何を手にするのかくじを引いていた。

イギリス「息子はよく頑張ってくれたぞ!お前と息子が仲良くする未来を感じる!」

ソビエト「んなわけあるか。」

 

 

 

 

始めに、制空権を継承した...

アメリカ「神の祝福を...」

 

 

 

 

 

次に、制-

イギリス「けどほとんど元から」

バーカ。スエズ危機くれてやるよ。

イギリス「おいちょ-」

 

ソビエト「おお、栄光あるロシヤに土地をくれるということだね?」

嫌だ!死体の土地をやったんだ!面白くにぇなの?

 

 

 

 

 

 

ソビエト「ポーランド、領-」

パタン

ポーランド「おしまいだよ。ポーランド読み聞かせ得意だよ。」

 

 

 

 

 

 

 

ウクライナ「終わったんだからさ、お花畑いってもいいよね?」

ポーランド「うん。けど誘拐には気を付けてね。」

ウクライナ「大丈夫よ!」


ロシアは昔から「領土をあきらめる」ということが苦手の様です。

いや、そりゃそうなんだが、一応冷戦の敗戦国でもあるわけだしさw

ドイツなんかもうねw

濃い灰色がww2前のドイツ人居住区域、薄い灰色はそうではないけどドイツ第二帝国だった場所です。

国共内戦の国民党もご存知の通りひどい有様。

赤色+青色が台湾の領有権主張範囲、青色が台湾です。

うーん、4日連続でロシアが登場していますね。しかも3日連続ウクライナ。これからは偏らないよう気を付けます。

 

感想

ポーランド「おしまいだよ(ウクライナが)。ウクライナ滅亡得意だよ。」


翻訳元