Vacation

作者:Odo-

 

 

ミャンマー「サグラダ・ファミリアは絶対完成しないよ」

 

ネパール「アルフ...ガルル」

 

 

 

ミャンマー「パエリアだよ。スペイン料理だね。」

 

 

ネパール「ガルル...モグモグモグ」

 

 

インド「見ろ、すげえ牛だ、崇拝しようぜ!」

 

 

スペイン「おい待て!それ牛っていうより...」

 

 

スペイン「闘牛だあああああああああああああ!」


インドの牛とスペインの闘牛を掛けたコミックでしたね。

しかしスペインも随分と落ちぶれましたね。昔はイギリスと張り合ってたのに今はイタリアと同じ扱い。

時の流れというのは非情なものですねえ。

ちなみに牛というのは色盲であり、「赤」ではなく「揺れる布」に興奮しているそうです。

赤は人間には強く作用するので、観客を興奮させるために赤を使っているのだとか。

そして赤い布(厳密に言うと支える棒も含め道具全体を指して)はムレータといい、

実は闘牛の最終場面で使うそうです。

 

感想

闘牛って最後殺すんですね...初めて知りました。

うーん、ゲームやマンガ、アニメで血を見る分には全然いいんだけど、本当にブシューってなるのはあまり...

 

翻訳元

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    オド (日曜日, 24 1月 2016 07:34)

    この作者さん僕と名前同じだ!

  • #2

    Wörk (日曜日, 24 1月 2016 08:09)

    >>オドさん
    そうなんです。僕も「この名前見覚えが...」と思って選びました。
    ちなみにオランダの北ブラバント州の方だそうです。

  • #3

    moto (火曜日, 26 1月 2016 17:26)

    闘牛では犬と牛を戦わせることもあるようです
    ネパールくんにがんばってもらおう!(個人的にネパールは犬と思う)

  • #4

    Wörk (火曜日, 26 1月 2016 19:06)

    >>motoさん
    ネパールくんにがんばってもらおうって、思いっ切り逃げてるしw